« 快晴の朝に。 | トップページ | 冬の夜に2.(モウソウ) »

2006年1月21日 (土)

冬の夜に1。(マキマキ。。)

zukan今殆どの渓流は禁漁になっています。、そういうときに限って無性に、釣りのことを考えてしまう。特にFFの場合、毛鉤を眺めながら、「これを、ナチュラルドリフトさせて流芯からガバッ!!!」などとついつい「妄想」してしまうのは私だけだろうか。(いやそんなはずは、決して・・・。(^^;。。)
 そんなときに更なる「妄想」を掻き立ててくれること間違い無しの一本((DVD)ではないでしょうか。
 このビデオの特徴は、7つの代表的なパターン約50種類のフライが紹介されています。ここまで綺麗に巻かなくとも釣れるとは思いますが、どれもこれも美しい仕上がりのフライです。私の好きなパターンを子の中で1つあげろと言われれば、やはり、「ハードジェルアント」をご推薦いたします。シルエットおもさることながら、その黒光りする妖艶なボディーは圧巻です。
シャロムの森でも夏の増水時にはその威力をいかんなく発揮してくれることでしょう。
 またそれぞれのパターンの最後の部分には、実釣シーンが入っていますので、皆さんの更なる妄想を助長してくださること請け合いでございます。
 それでは皆様「良い夢」を。。。

「佐藤成史 フライ図鑑 ドライフライ50」
制作・著作 ビデオメッセージ

|

« 快晴の朝に。 | トップページ | 冬の夜に2.(モウソウ) »

コメント

SAGE愛好会さんへ
 千曲川まの解禁までもうすぐですね。
シャロムの森は今日の雪で、春が遠のいた感もありますが、日もずいぶん長くなってきているように感じます。
冬至も過ぎ大寒も過ぎました。後は、水面に美しいライズリングが広がるのを心待ちにしている今日この頃です。
 (でもまだ少し早そうなので、少しずつマキマキしてみます。(^^;。。)

投稿: Ban-Nin | 2006年1月24日 (火) 00時00分

タイイング。オフのこの時期、巻き倒しています。まさに巻きまくりです。
私は、タイイングは結構好きなので、
真夏以外は大体何かしらをまいています。

毎年、巻くフライは同じものなのですが、
やれ、ボックスを変えるとか、フックを変えるとか、ちょっとマイナーチェンジしてみるとか。
色々楽しんでいます。
今日からは、来月の千曲川対策として、ミッジを巻きます。本年度バージョンとして、ウィングの角度を変えてみるので、1から作り直しです。昨日で、やっとこさ、エルクヘアカディス専用のボックスも完成。
ウェットも巻く練習してますし、なんやかんやと、帰宅後も楽しんでいます。

私の場合、一日に何十本も巻くと飽きてしまうので、一日に、多くて10本位。このペースですと、大体1ヶ月で一つのボックスが一杯になります。これくらいの本数だと、集中してできるので、ちょっとした暇つぶしにとてもよいですよ。

投稿: SAGE愛好会 | 2006年1月23日 (月) 14時01分

トーマスさんへ
 ここ数日暖かい日が続きましたが、今日の夜からまた真冬に戻りそうです。(^^;。。
 私も最近、ミッジサイズのフライをポチポチ巻いております。
 まだしばらくは、氷の世界に閉ざされそうですが、こんなときにしかできないこともありますので、暇を見てチョコチョコ渓畔林もいじってみようかな~などと思っています。
 今年の春から夏には新しいシャロムになっているといいですね~。。
 こちらも解禁日までにはどうにか・・・?(^^;。。

投稿: Ban-Nin | 2006年1月23日 (月) 01時35分

やっと最近巻き始められました。w
なかなか、巻く気が起きるのに時間が掛かる質なんですよね(汗)
困ったもんです。w

もちろん、佐藤さんのDVDは巻く気に拍車をかける大切なツールでした。
でもね、気ばかり焦ってしまって・・・
でも、なんとか解禁に間に合うかも・・・(笑)

投稿: トーマス | 2006年1月23日 (月) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の夜に1。(マキマキ。。):

« 快晴の朝に。 | トップページ | 冬の夜に2.(モウソウ) »