« 冬の夜に3.5(マイフォトに関する更新) | トップページ | カテゴリーの整理 »

2006年2月 2日 (木)

冬の夜に4 (なんとなく(^^;。。傾向と対策)

baible

 シャロムが難しい理由は?、釣りずらいのは?と少ない経験から考えてみる。
  魚が上を向いてない、不用意に近づきすぎる(ストーキングの失敗)、ライン、ティペットの影(渇水、ゆっくりと流れるOR止水フラットな水面)、フライが綺麗に流れていない、ホールの往復回数が4回以上(できれば一発)。同じフライで5回以上流す(当てはまらない場合もあります。)等が主な理由?かもしれない。
・ 不用意に近づきすぎ:止水域(流れを挟んだ反転流等は除く)や渇水時は十分にストーキングして近づく。(多いのは、肩の部分を不用意に越えてしまうことかもしれません。)
・ ライン、ティペット:ティペットにシンカーを塗る(つばでもいけると思います。)、カーブ、リーチキャストでUもしくはL型にライン、ティペットを落とす。(ティペットはよく伸ばしてから使う。)私はできないので石の上にライン乗せています。(^^;
・ ナチュラルドリフト:うまく私はできません。大(^^;(できてもヘナチョコメンディング。)。ですのでやっぱり石に乗っけちゃっています。
・ ホールの回数:できません。シビアな時はロールキャストか一度岸に向かってホールしてからシュートしたりします。(苦肉の策ですね。(^^;。。)
・ 流す回数:3回流したら次のポイントに行っています。魚が見えているときは、フライチェンジして流しています。  一応こんな感じで対処?しています。(^^;。。実際は見たり、聞いたり、試したりと四苦八苦しています。

 ただ唯一どうにもならないのが、「魚が下を向いている」場合です。  そんなこともあり、今年は是非ルースニングに挑戦したいと思っています。本だけでは分からないので、DVDも購入いたしました。里見栄正さんの「フライフィッシング新バイブル」です。たまたま里美さんが取材(フライロッダーズ3月号)に見えられて、案内?(どちらかというと御一緒したかっただけ)させていただいたのですが、見ている感じは、非常に簡単そうでした。(「俺にもできるかも。」と思いましたが、それは良くある「勘違い」に違いないでしょう。(^^;。。)
 印象的だったのは、「ドライフライと変らないよ」と「投げ方は、ループを崩して投げる」という言葉でした。詳しくは、やっぱり良く理かっていないので、DVDやフライロッダーズ3月号をご参考くださいまし。m(__)m。。
ビデオメッセージ
FlyRodders

|

« 冬の夜に3.5(マイフォトに関する更新) | トップページ | カテゴリーの整理 »

コメント

あま党さんへ
 書き込みありがとうございます。
 シャロムの森でも、早春や、上を向いていないとき、全く歯が立たないことが多いようです。
 あま党さんは、お父様に釣りを教えてもらったのでしょうか?。
 私は、祖父に連れられて、四十入手沢(二又右の山の神近く)と本流の合流する所で、はじめてイワナを釣りました。初めて釣った魚がイワナというのは、今から考えると、とても贅沢な気がしますが(^^;。。
 ちなみに祖父はその時上に行ってしまったので、教えてくれたのは、当時、山で働いている人でした。
 そんなことを考えていると、できれば一生、山には関わっていたいと思う今日この頃です。

投稿: Ban-Nin | 2006年2月 5日 (日) 08時17分

こんばんは。僕も里見さんのDVD買いました。
というのも昨シーズン久しぶりに父と新潟に行った時、ミャク釣りの父は順調に釣っていましたが、僕のドライフライにはさっぱりだったからです。
最後の手段としてBHニンフにショットを付け、
シートタイプのインジケーターで放り投げるようにキャスト?したら2投目で15センチ程のイワナが釣れました。
それからというものドライででる時間帯になるまではニンフィングを練習してます。

投稿: あま党 | 2006年2月 4日 (土) 22時16分

SAGE愛好会様
 ドライ主義の方も好きですよ。(^^)ほとんどの人ができればドライで釣りたい。と思っているかもしれません。なんといっても、ライズリングの魔性の魅力に勝てる人はそうはいませんから。きっとそんな時は誰もが「ドライ命」になるかもしれませんね。(^^)
 SAGE愛好会さんの仰るとおり、厳冬期は必須ですね。(^^;。。>ニンフ。
 「ルースニングばかりがニンフじゃないですから。」鋭いとこ付かれてしまいました。そんな感じの記事多分少しすると出るかもしれません。(^^;
 インジケーターの当たり、確かにわかりずらいですよね。特にビデオだとわかりづらいですね。
 私自身は、エサ釣りが長かった(小学校にあがる前から)ので、多少どうにかなるのかな~?と根拠のない自信だけは・・・。
 それってやっぱり勘違いに違いない。(^^;

投稿: Ban-Nin | 2006年2月 3日 (金) 16時57分

ルースニングは、結構やります。
私はドライ至上主義者ではないので、
ドライ、ニンフ、everithing okです。

シャロムでも、厳冬期には、必需品ですよね。
ニンフはニンフで奥が深いのですよね。
ルースニングばかりがニンフじゃないですから。

しかし、里美さんはインジケーターのアタリを取るの上手いですよね。私には、見ていて???
いつ食ったの????ですよ。

投稿: SAGE愛好会 | 2006年2月 3日 (金) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の夜に4 (なんとなく(^^;。。傾向と対策):

« 冬の夜に3.5(マイフォトに関する更新) | トップページ | カテゴリーの整理 »