« 初めての釣り。 | トップページ | しっかり「食べて、咥えて」ね。。m(__)m »

2006年2月16日 (木)

ビギナーズラック

iwanasyan

エサ釣り暦は長いのですが、FF暦はようやく2年くらいです。最初の実釣は、思いっきり「ボウズ」(出家とも言うらしい。)。3日くらいこの調子でした。  その後、投げるのもぼろぼろでしたから、練習のつもりで遠投?していました。この時のフライは「グリフィスナット」初心者でも巻ける簡単なフライ。
 なんとなく、そうほんとに「なんとなく」フライが流れてくるのを見ていると、いきなりフライが消えたのです。「恐る恐る」ラインを跳ね上げると、ずっしりとした感触、「根掛かり?」と思って引っ張ってみると、ずっしりとした感触そのままに、右に行ったり左に行ったり、その後は良く憶えていませんが、とりあえずその巨大な物体をネットですくいました。  
 「1尺2寸。」ネットから尾鰭が垂れています。大きなオスのイワナでした。まさにビギナーズラック。。  
 それ以来尺ものは釣っていませんので、いかに運が良かったか。あの時デジカメを持っていれば、と思わなくもありませんが、私の記憶の中には「巨大な物体」としてしっかりと記憶されています。
今年辺りは、大物の予感が・・・。
皆さんの釣果が上がることを期待して。

|

« 初めての釣り。 | トップページ | しっかり「食べて、咥えて」ね。。m(__)m »

コメント

SAGE愛好会さんへ
 私も、少しずつですが、スキルアップしていかなければ。
 やっぱり皆さんそれぞれの思い出があるようですね。初心忘れるべからず。と言うことで、私も精進しなければ。(^^;。。

投稿: Ban-Nin | 2006年2月17日 (金) 13時02分

ビギナーズラック
私が始めてドライでイワナ釣ったのは、
小学生の時。
親父に連れられ、新潟の山の中、黙々と
ただ黙々とパラシュートを投げ続けておりました。
フライのタックルでは、当然上手く投げられないので、エサ釣り用の重い延べ竿にテンカララインとドライフライというスタイル。
釣れた自分より、脇の親父の方が喜んでいたの覚えてますよね。
しかもそのイワナちゃん、口の外から内側にハリが刺さっていたのも覚えてますよ。

フライのタックルで初めて釣れたのも、
パラシュートが沈んでいて、ピックアップするときに掛かっていました。
岩手の三陸の河川ですが、今はもうダムの底・・・盛岡在住時代はまだダムが工事中だったので、そのメモリアルな川に3月1日の解禁日は、毎年必ず風邪を引いて通いました。
その時の友達の一言
「フライでも釣れるんだ~」
そいつに、今の俺を見せてやりたい~

どっちのケースもビギナーズラックですね。

投稿: SAGE愛好会 | 2006年2月17日 (金) 12時44分

トーマスさんへ
 そう言えば撮影の時、R.W.さんが「魚も殺気を感じるんだ」と言っていたような気がします。(言い回しは違ったかもしれません)
 「無我の境地」を目指すしかないかも。(^^;+笑

投稿: Ban-Nin | 2006年2月17日 (金) 12時06分

こんにちは。
私も、ビギナーズラックとは言いましたが実際その時には非常に何か「釣れる」メカニズムみたいなものが働いているんだと思うんですよね。

皆、ビギナーの頃はそういう状況が分析できないし、上手く表現、報告できない。
で、不思議と釣れてしまうということにしているんだと思います。

力の抜け具合とか釣る気の無さとか(笑)
常にそれが何か知りたいと思っているんですけどね。w

投稿: トーマス | 2006年2月17日 (金) 09時35分

 まだオープンしたての頃でしたね。
それを考えるとかなり腕を磨かねば、しばらくつれそうもありません。(^^;
 季節は春先でした。場所は去年あまり成績の良くなかった場所です。
 今から考えると、ほんとにラッキーなことだったんだと思います。
 いつか?は是非写真に納めてみたいですね。(いつになるやら(^^;。
ネットに収めた時は、違う生き物のような気がしました。(^^;

投稿: Ban-Nin | 2006年2月17日 (金) 00時31分

素晴らしい!!
ビギナーズラックで尺とは!

私もビギナーズラックは確かにありましたけど、可愛いかったなぁ。w
もう、ん十年前です(笑)

投稿: トーマス | 2006年2月16日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビギナーズラック:

« 初めての釣り。 | トップページ | しっかり「食べて、咥えて」ね。。m(__)m »