« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

始まりであって終わりでない話

Uetuke皆伐(はげ山に)してしまった多くの場所を様々な企業が国のODAを使ったり、多少のお金を出して「木を植える」ということを行なっている。植えないよりはましなのですが、本来大切なのは植え付けるという行為そのものよりも、木(気)の長い時間を通して「保育」と言うことを行なっていくことのほうが大切です。
 日本の場合こんな急斜面での作業が多くなりますから生産性も上がりずらいという特性もあります。
きったら植える。植えたら育てる、育ったら収穫するそしてまた植える。この当たり前の行為を行なうことが不可能な現状は嘆かわしく感じます。(仕方の無いことなのですが。)
 ただ急斜面であるがゆえに(場所にもよりますが)、放牧地になり河川においても富栄養化し過ぎるということは少ないのかもしれません。(もちろん湖なのではまた違ったことになるのでしょうが)
 話を戻しますが、そういったより良い森を創るための時期に、日本の林業は本来差し掛かっているはずなのです。それは間伐ということになるのですが、殆どが50年を過ぎると、二束三文で売り払っているのが現状ではないでしょか。
 本当ならばこの程度の林齢から、70年くらいまでを2回ほどの強度の間伐をかける事によって素晴らしい林、山にすることは決して難しくは無いのです。
 現状そこまでのリスクをとる林家の方は少ないかもしれません。
でもやらなければ・・・。未来は明るいのか暗いのか推察することもかないませんが、今できる事をやっていかなければ・・・。
50年後の山は、100年後の山は・・・・。今できることを。。。
ここ数日、頭の後遺症に悩まされつつ、春になったら体が動くことを期待しつつ。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

解禁前

mameiri今年もあと少しで解禁です。管理人さんの煎りたてのコーヒーが今年も活躍する??。。
 日曜日に常連さんが解禁前に遊びにいらっしゃいました。顔写真はNGのようなので?、管理人さんがコーヒー煎っている所をアップしました。(管理人さんもほのかに?顔が赤いような。(笑))
 御酒の御好きな方達で、とても楽しい御二人です。妻に言わせると、「シャロムの正しい?楽しみ方をしている人だよね。」だそうです。

 来年はシャロムのOFF会をやりたいねという話しも出ていました。
来年は解禁前にでもイベント組めたらいいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

春なのに~。。

_3210118季節はもう春、ヤナギの芽も膨らんでると言うのに朝起きてみると雪景色といことがある。
 春なのに(^^;。。さすが沢入。。
でもこの季節の雪はすぐ溶けてしまいます。なごり雪と言ったところでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ショック。。。

mizunonakakaraショックなことがあった。シャロムの森の入口から左に分かれる沢がある。そちらにちょっと入ってみたのですが、「ボサ」が酷い。。。とりあえず少し釣りあがってから車まで戻ってみると、何か足りない・・・・。そう写真に写っているリリースネットを落としたらしい。。はぁ~なんてこと。。ショックでございます。
結構お気に入りだったのですが・・。(泣き)
もう一度後で探そう。(TT)。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

放流日

yanagi

 今日シャロムの森の下流では放流日だった、私も監視員になっているので、御手伝いをした。人数は四十数名来ていたと思う。なかな魚協さんも経済的に大変で、50kgを放流、今回のも混ぜて5回ほど合計250kgの放流予定。
 とりあえず放流も終わってほっと一息、膨らんできた柳の芽を見て春を感じている今日この頃です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

予告2

yatosan

 さて2回目の予告は、少し踏み込んだ内容の御紹介。  FISHEYE最新ニュース NO.14から引用いたします。

-----------------------------------  
Yatosanの「レンズの裏側」NO.13 『サイトフィッシングの魅力』  今編集中の佐藤成史さんの「渓流のサイトフィッシング」(仮題)の撮影は 4回延べ7日間にわたって行われました。  日本ではあまり馴染みのない渓流のサイトフィッシング。  今までの撮影でもライズではなく魚影を見ながら釣りをするということはあまり なかったので、撮影前はちょっと不安もありました。  しかし、撮影が始まってからはそんな不安は一気に吹き飛びました。 あらかじめ佐藤さんが魚の居場所を確認しておいてくれたため、 どのポイントへ行っても魚の姿を見ることができ、今まであまり撮影することの できなかった映像を数多く収録することができました。  魚がエサを待っている時、どの様な場所でどの様な行動をとっているのか。 細かく言うとエサを探している時の動き、捕食する前の動き、捕食するときの 動き、捕食した後の動きなど非常に興味深いものがあります。  これらの映像は思わず声が出てしまうほど興奮してしまいます。  「見える魚は釣れない。」とよく言われますが、釣り人から見えるということは 魚からも見えている可能性が高いわけで魚に警戒されてしまうわけです。  撮影では魚の姿は撮影できますが、その魚を実際に釣るシーンがなかなか 撮影できません。普段から毎日のように釣り人が歩く川ですからやはり魚は かなり神経質になっているようです。  ちなみに断っておきますが、佐藤さんの腕が悪いのではありません。 レンズごしに魚を見ているとかなり距離が離れているのに近づく足音だけで 逃げてしまいます。ティペットが水面に落ちただけで逃げてしまう魚もいます。  そんな状況でどのようにして魚を釣るのか?  もちろん佐藤さんのあの甲高い!?笑い声を聞くことができます。  お楽しみに! yatosan
--------------------------------------------------------------------------  
  引用終了   撮影中「大物」(もちろん尺越え)を狙っているわけですが、こいつが、飛び切り、フライを「スプーク」する個体でした。ヤマメが警戒して、下に沈んでいる間、佐藤成史氏は、逆岸の反転流にフライを流して、何匹もかけておりました。もちろんつれたのは、比べれば小物ですが、それでも20cm~24cmくらいの個体です。 ちなみにこの大物、シャロムにおいて「大きさ、警戒心の強さ」で1位、2位を争う個体でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月14日 (火)

土曜日

先週の土曜日入口の手前50mから、ルースニングの練習がてら釣ってみました。
 マーカーの方に反応してくれて練習にならず。とりあえずシャロムから落ちてきた、ニジマス君がかかってくれました。ドライに変えても出てくれました。(^^;。。複雑な気分。。(^^;
シャロムの解禁(4/1)が楽しみですね~。
でも昨日、今日は冬が戻ってきたような天気でした。今週末くらいにもしかしたら雪が降るかも。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

福寿草

_3059753 春ですね~、今日は、啓蟄、虫もそろそろ動き出すとか。東京では春一番が吹き、福寿草の咲き始めている所もあるようです。
 山の春はもう少し先に成りますが、一日一日、春本番に近づいていきますね。
(写真は、桐生の梅田です。知人の上棟日での1枚)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

山鳥の尾の・・・。

_3049698今日、シャロムの森を散歩しました。いや~元気にみんな泳いでおります。
相変わらず人が近くによるとものすごい勢いで逃げていく所は、「そんなに邪険にしなくても」と思わないでもないですが・・・。
 ヤマメだけならまだしも、ニジマスもかなり野生化しています。
散歩の途中で「山鳥の尾?」を見つけました。油がのっていて、フィェザントテイルよりも柔らかな感じです。 テール材にするか、ボディーに巻いても面白いかな?と思ったりしています。これでニンフを作って「山鳥の尾」と名前でも付けて試してみようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

3月1日 解禁日(シャロムは4月1日)

 今日は、解禁日でした。
魚協の見回り朝6:30集合予定でしたが、ふと時計を見てみると、6:35を過ぎている。
寝坊しちゃいました。(^^;
急いで車を走らせ皆さんと合流。
鑑札のチェックをしました。まだ今年は放流してないので、釣り人もまばらでした。
小雨交じりの寒い一日でございました。(雪じゃなかっただけいいかもしれない。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »