« 苔鉢(こけばち)1 | トップページ | 苔鉢2(ヤブレガサ) »

2006年4月10日 (月)

護摩焚

_4080600妻の友人関係のイベント(民家関係)で護摩焚きに同席させてもらった。
 花祭りと言うことで、甘茶を飲んだり、私と妻の共通の友人が造った御堂を見学したりした。

 護摩を焚きの御坊さんの入場は、法螺貝を吹きならしての入場。護摩を焚くさいも、太鼓ありと迫力のあるものでございました。
 その後、友人の自宅で抹茶を頂きながら「声明」と「聖歌」のコラボレーションCDを聞きながらの団欒。
 面白いもので声明も聖歌も非常によく似ているのにはビックリ致しました。
色々盛りだくさんの一日でございました。

|

« 苔鉢(こけばち)1 | トップページ | 苔鉢2(ヤブレガサ) »

コメント

SAGE愛好会さんへ
 昔は村行事としてコミュニケーションの場にもなっていたのかもしれません。
 そういった行事も人々の生活からかけ離れてしまった所で細々と続いているのかもしれません。
 豆まきであったり、夏祭りであったり。多少は残っている気がしますが・・・。
 宗教とは少し切り離して、一つの文化としてとらえるくらいがちょうど良いのかもしれません。
 と言いつつも、山では結構「げん」を担ぐ方です。(^^:。。

投稿: Ban-Nin | 2006年4月10日 (月) 22時06分

ウチの自宅の近くの神社に
初詣&厄払いにいった今年。
なんでも、ご開帳の日だったらしく、大混雑。
その日に済ませたかったので、そのまま参加。

前の年に行ったときは、やらなかったが、
経典みたいのを読んで、太鼓をドンドコ・・・

皆で呪文のようなものを読んでいるとき、
私と奥さんは、「まるでどこかの宗教みたい」
と思っていました。
こんなこと考えていたら、バチが当りますね。

投稿: SAGE愛好会 | 2006年4月10日 (月) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 護摩焚:

« 苔鉢(こけばち)1 | トップページ | 苔鉢2(ヤブレガサ) »