« シャロムの川に春がきた。 | トップページ | スカパーの取材 »

2006年4月13日 (木)

マエグロ姫。

P4130978まだスーパーハッチとまでは行きませんが、マエグロ姫が乱舞しております。

 

Maeguro2この他にもマイクロカディス(黒基調)やオナシカワゲラ等も出ておりました。
ここ数日雨が続いていますが、これで晴れたらすごいことになりそうです。

 以前にも触れましたが、フライロッダーズ5月号にダイビングダン(佐藤成史氏の記事)についてのっていました。あんな形で水中にもぐるんなんて神秘的だ~。

|

« シャロムの川に春がきた。 | トップページ | スカパーの取材 »

コメント

SAGE愛好会さんへ
 ついつい魅了されてしまいますね。
先日の雨で、山は萌え始めましたよ。(^^)
数日寒い日が続くようですが、これから色んなメイフライ(迷フライ?)がでてきて皆さんを楽しませて?(^^;くれることと思います。

投稿: Ban-Nin | 2006年4月15日 (土) 17時48分

メイフライって止まっている姿、
飛んでいる様子。
全てが「儚いけれど、綺麗だな~」
なんて思いますし、
名フライ、迷フライと形容できるような
フライを一層深く、楽しいものと
させてくれる一面もあるのでしょうね。

フライフィッシャー以外では、カゲロウ
といえば、「かげろう○銀」
となってしまうのでしょうね。
使う技はどちらも「水芸?」

投稿: SAGE愛好会 | 2006年4月15日 (土) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マエグロ姫。:

» マエグロヒメフタオカゲロウ [SST'S フィールドスケッチ]
マエグロヒメフタオカゲロウは、早春から桜の花の頃までに羽化する比較的大きなメイフライの一種です。 すでに、関東近辺の里川ではハッチのピークを過ぎているかもしれませんが、北関東の山岳渓流では、4月一杯は目が離せません。 岸際の石に這い上がって、水面から数cm以内のところで脱皮する陸上羽化タイプですから、イマージャーやフローティングニンフのステージはありません。 その代わり、日中・強風・スーパーハッチという条件が揃ったとき、マエグロのダンは渓魚たちにとって絶好の... [続きを読む]

受信: 2006年4月13日 (木) 22時09分

« シャロムの川に春がきた。 | トップページ | スカパーの取材 »