« 50年の歳月 | トップページ | 「佐藤成史 渓流のサイトフィッシング」 スプーキー 3 »

2006年5月22日 (月)

入渓ポイント2(左沢編)

入渓ポイント2(大嶽)
Hidari1 L-1:第一堰堤上より  
入渓地点は堰堤の上になりますが堰堤まで戻ってサイトで釣るのも面白いかもしれません。 堰堤の影響でチャラ瀬が続きますが、少し深くなっている所では必ずと言っていいほど魚がついています。こまめに叩き上がって行くのも良いかもしれません。  またこの区間は比較的竿抜けしやすい場所なので、素直に反応してくれる時もあると思います。第二堰堤手前(50m)の用壁沿いには時々尺近くが泳いでおります。
------------------------
Hidari2_1 L-2:第二堰堤より  
 ここからは源流域に近づき、キャスティングにも注意が必要かもしれません。(入渓ポイントは、このダムから少し上流)大きめの淵が一箇所ある他は比較的浅く、流れがあります。渇水時には案外穴場かもしれません。大きなポイントは少ないですが、小さなポイントでもカタ、流芯、反転流を丁寧に当たるとそれなりに反応してくれます。

------------------------
Hidari3 L-3:学校平(ヒューム管置き場より150m上流)
 ここからの入渓はよく言う「学校平」と言う場所になります。石英安山岩が玉石となって良質のポイントを形成しています。石の向こうをそっと覗くと目と鼻の先にヤマメが定位しておりドキドキしながらのフライローテーションが楽しめるかもしれません。 魚の密度も高い場所なのでストーキングで近づくか、流れを挟んだ反転流等も狙い目かもしれません。

------------------------
Hidari4 L-4:ヒザツキ橋  
ここからは、源流です。ほぼイワナになります。入渓してすぐの場所は、チャートと玉石の織り成す情景は私もお気に入りの場所です。是非周りの風景も楽しみながら一時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

|

« 50年の歳月 | トップページ | 「佐藤成史 渓流のサイトフィッシング」 スプーキー 3 »

コメント

いや~、良かったみたいですね~。(^^)
(ほっ。。)
 ロッドブレイカーポイントのすぐ上の所でしょうか?あそこは、岩盤沿いも良いですが、左の護岸(鉄アミ)の部分も流れのある時はいい感じです。
 今年も順調に育っているようで何よりです。

投稿: Ban-Nin | 2006年5月22日 (月) 19時17分

昨日はお世話様でした。
お守りのご利益??小生の腕??天候???
いやいや、ご加護でしょう。
大変良い釣りができました。

今回始めて突入したエリアがヒザツキ橋から上流区間。
一人で、鬱蒼とした暗さと夕方間近の暗闇に
ちょっとだけ心細くなりながら、
その魚影の濃さに夢中になってしまいました。
次回は、ここから入渓しようかと思っています。

ロッドブレイカーポイント上流のプール。
大物発見しました。
以前BAN-NINさんから教えてもらった通り、
上流に向って左岸からのアプローチに成功。
(奴がついている岩盤のすぐ下を渡渉しました。)
ホンマにおるのかいな?と1キャスト。
岩盤の影で見えないので、「123でピックアップ」
空振り。駄目じゃんと、体勢を整えようと足を組替えたとき、「コツ」とシューズで岩盤を蹴ってしまった瞬間、
↑ピュ~とすっ飛んでいきました。ありゃあ尺ちかいですね。
渡渉の際、ケツの真中あたりまで埋まります。
結構深いです。ちょっと増水すると、水没しますから、お気をつけを

投稿: SAGE愛好会 | 2006年5月22日 (月) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入渓ポイント2(左沢編):

« 50年の歳月 | トップページ | 「佐藤成史 渓流のサイトフィッシング」 スプーキー 3 »