« 苔鉢3(仕込み) | トップページ | ミツバツツジ »

2006年5月 4日 (木)

シャロムの春を飾る小さき者たち。

Sumire ついつい釣りに夢中になると美しいのに見落としてしまうと言うことは良くあることです。
 かくゆう私も、釣りをしている時、脇を車が通っても気付かないなんてことはよくあります。

 ただ、帰り道ふっと道のわきをみると今そこかしこで小さな花が咲いています。
花は「スミレ」です、種類までは特定できませんが、近づいてみてみると、すごく味のある花です。普段は全く気づかないほど小さな花ですが、もし良かったら少しかがんで見てはいかがでしょうか。
 きっとそこには違う世界が広がっているに違いありません。
推定樹齢1000年?のシャロムの木もシャロムの一部です、そして、こんな小さな草花もまたシャロムの一部です。
 そんな多種多様な生物群落が森を形作っている。
 様々な世界観、価値観が存在して、しかも均衡が取れている。
混沌(混乱でなく)の中にも秩序があるきっとそれが山や森にとって当たり前のことなのかもしれない。

|

« 苔鉢3(仕込み) | トップページ | ミツバツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャロムの春を飾る小さき者たち。:

« 苔鉢3(仕込み) | トップページ | ミツバツツジ »