« 「佐藤成史 渓流のサイトフィッシング」 100点満点 2 | トップページ | カゲロウな季節 »

2006年5月17日 (水)

新しい世代

Tigyo1 春も過ぎ初夏が近づくとあちらこちらの葉っぱのたまっている所では、「すっ、スッ。」と動く影が見られます。

 ようやく自分で泳ぎだしてエサをとり始めた稚魚たちです。大きさで言うと2~3cmくらいでしょか?、新しい命がまたシャロムの森でも息づき始めたのを感じます。
 写真は多分イワナの稚魚だと思います。葉っぱを少しどけるとしばらくの間じっとしていてくれたので撮ることが出来ました。この後真ん中のスギの葉をどかしたらどこかへ入って見つかりませんでした。
 それはともかく、これから大雨が降って葉っぱが全て流されるまでは、こんな風景が渓流のあちらこちらで見つけることができるかもしれません。
 釣ることはできないでしょうが、見て楽しむのも新鮮な感じがして楽しいものですね。

|

« 「佐藤成史 渓流のサイトフィッシング」 100点満点 2 | トップページ | カゲロウな季節 »

コメント

SAGE愛好会さんへ
 一年後にはまさに偵察体ですね。4年後にはロッドブレイカー候補でしょうか。
 一年一年シャロムのスタッフも増えてくれるのではないでしょうか。

投稿: Ban-Nin | 2006年5月19日 (金) 07時49分

こいつらが、新しい偵察隊となるのですね。
チョイ悪魚。
いや、親分に言いつけにいくから、
優等生タイプかな?

む~小さいが、戦闘力が高い強敵現る!

投稿: SAGE愛好会 | 2006年5月17日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい世代:

» いわなっ仔の成長 [SST'S フィールドスケッチ]
鳥取出釣へ出かける数日前、嬬恋山女魚岩魚生産組合の戸部さんからお電話をいただきました。 「例の天然イワナの子供たち、しっかりエサ食べてますよ。ずいぶん成長したので見に来てください!」 そんなわけで、鳥取から戻るやいなや、可愛いイワナたちの成長ぶりを観察してきました。 系統保存のため、放流実績のない渓から採捕してきたイワナたちの最初の子供たちです。 前回の『いわな仔』のエントリーが3月3日でしたから、約2ヶ月と3週間ぶりです。 思い起こせば『イワナの発眼卵』、 『小さな命』、『浮... [続きを読む]

受信: 2006年5月25日 (木) 13時15分

« 「佐藤成史 渓流のサイトフィッシング」 100点満点 2 | トップページ | カゲロウな季節 »