« 不良息子?の帰還 | トップページ | シャロムのお守り2 »

2006年5月 9日 (火)

水辺域の管理

P5061842 山の管理は非常に複雑な要素がからみあってこれが最善と言えるものはなかなかない。
 これが水辺であると更に絡み合ってくる要素は多くなる。
 さて写真を見てここが、どこだか分かる人は多いかもしれない。二股に分かれる500mくらい手前の場所です。
ただすでにかかり木を処理した後なので様子が違っているかもしれない。
 カバーについては以前何度か記事にしました。その中で、「根付き」の倒木について触れています。この木はおととしだったでしょうか、台風の時に根付きのまま倒木しました。

P5061845 かかり木の処理に手間をとってしまいましたが、最終的にはこんな感じです。
 水面に付く位まで切ってしまえば?と疑問をもたれる方も多いかもしれません。ただ今回は「木が動かない」と言うことを重要視しました。
 根がついったままですから元の方は、ほとんど動かないのですが、問題は末です。ワイヤー等で固定するということは可能なのでしょうが、せっかく自然のアンカーがあるわけですからそれを利用させていただきました。
今回カバーと言うことを目指したのですが、一時的には鳥の休み場(狩場)になるかもしれません。ですから意図した方向と逆になる可能性もないとはいえません。ただ色々考えたのですが、もしこのまま木が動かなければ、最終的に、ちょっとした滝になるかもしれませんね。
 しばらくは木の上に腰掛けてひと休みするのも一興かと思います。(座って静かにしていると、魚達が浅瀬(上流向いて右)でライズするのが見られます。)

|

« 不良息子?の帰還 | トップページ | シャロムのお守り2 »

コメント

SAGE愛好会さんへ
 大丈夫ですよ5~6人乗っても折れたりしないと思います。
>「ウッドブレイカー!」
(爆)
 色々試しにできることはこの程度しか出来ません。やってみたいこととは言え、ボラで半日かっかってしまいました。(^^;。。こんな掛かり木の処理は何度やっても、緊張しますね。生と死をかけたボランティア??
なんか違うような気もしますが、程々にということで。(^^;

投稿: Ban-Nin | 2006年5月 9日 (火) 18時19分

渓流の流れを作るのもいろいろ複雑な要素が
絡み合っているものなのですね。
素人考えで、ただ単純に木を倒して障害物にすれば
いいんでない?とか考えちゃいますよね。

今回のこの倒木。
上に座ってお昼ご飯でも食べたいものですね。
体重制限あったりして。
真中に座って「バキ!」とかいって、
おにぎりが川に落ちたらショック大きそう。
その人の称号「ウッドブレイカー!」
こういった倒木の下にループを叩き込むのって、
小生大好きです。(キャストでスプークされちゃうけど)

投稿: SAGE愛好会 | 2006年5月 9日 (火) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水辺域の管理:

« 不良息子?の帰還 | トップページ | シャロムのお守り2 »