« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

秋のシャロム、ネイチャー&フィッシュウォッチング2006

_b048027シャロムのネイチャー&フィシュウォチング2006が今年も行なわれます。
日付11/3~11/4
参加費 6000円
です。
 ちなみにこの写真なんと去年の11月4日に撮影したものです。
 この頃になるとほんとにあちこちでペアリング(イワナ)している姿が見られます。
写真の個体もそうですが、どこにこんなのが隠れていたんだろうと言わんばかりの尺越えサイズが揺ら揺らと泳いでおります。
 時々メスのお腹を鼻先で「つんつん」して産卵を促しているようです。
 微笑ましい姿が見られるのではないでしょうか。(時々メスにちょっかいを出すオスもいますが、大概大きなオスに逆激をこうむることしばしば。(^^;。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

GOSOGOSO リリースネット

Gosogoso1_1 先日、御友達のemiさんからリリースネットをプレゼントしていただいた。どうやら、お守り(シャロムフリンジ)のお返しのよう。まさにわらしべ長者状態です。あまりにも、申し訳ないので山椒つながりでちょっとした物を御土産にもっていってもらいました。 (ありがとうございます。m(__)m。。)
 実際に手にとって見るとなんとも味わい深い。。(^^)
 写真の左側が頂いた物で、フレームはカツラの木、柄の部分は黒柿だそうです。
 妻曰く「黒柿!!、あんたにはもったいなさすぎ~。」だそうです。(^^;。。
Gosogoso2_2冗談はさておき、このリリースネットですが、フライフィッシング関連の手作り品を作っている、GOSOGOSOさん の作品です。
しかも、実はこのネット、シャロムバージョン(Forest of shalom) !!!。
 残念ながらフレームに使用している桂の木のストックが無いそうで、すぐには対応できないようです。(フレームが他の木で良いのであれば制作可能だそうです。)

2~3年後には木もシャロム産で制作してもらえたらな~と思っています。

 早く魚をおさめた写真をアップしたいです。

(ちなみに今ネットは、防湿庫に厳重に保管されております。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

生きている材料。

P7223654 木を材料として使うためには、木を切ったあとも製材し、その後乾、かすということを経てなければなりません。
強引に乾かすことも出来ないことは無いのですが、木を殺してしまうことが多々あります。
 写真はコナラの木です。倒木したものをつい最近製材いたしました。
 木のよさを生かしたまま乾燥させるには、天然乾燥が最も良い乾かし方です。木にもよりますが、完全に乾かすのでしたら、1寸一年といわれています。

続きを読む "生きている材料。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

佐藤成史氏 FFスクール

P7223598佐藤成史氏のFFスクール第二回が今日、明日(22日23日)で行なわれています。
 増水の中、反転流を中心にパタパタとデモをしていきます。
もう少し日が照ってくれれば、魚も上ずってくれるのでしょうが、ちょっと下向き加減。増水もあいまって、少々難しい釣行のようでした。
 でもそこは、佐藤氏、それなりにパタパタと釣果を上げていきます。上から魚を見ながら、まるでDVD(渓流のサイトフィッシング) のようにばちんと決めていただいたシーンもありました。

続きを読む "佐藤成史氏 FFスクール"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年7月20日 (木)

チビメ

Yamametyann_3 梅雨空が続いて、増水中です。これで晴れれば天国間違い無しなのですが。
 でもこの梅雨空が去る頃きっと去年浮上した稚魚達が盛んにあちらこちらで活動をはじめます。
 体長10cm以上に成長しているでしょう。ただこういう奴に限ってシッピング気味にパシャっとでては、「もう少しちゃんと咥えてよ」と思うのは私だけでは無いかもしれません。

ぼやきですが、晴天の下で、綺麗な魚達を撮りたいですね。~。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

暑中見舞い申し上げます。

Syotyuumimai暑中見舞い申し上げます。
 じめじめと暑い日が続きますが、梅雨末期の雨が通り過ぎれば、夏本番ですね。
 下の大堰堤の右岸(上流を見て左)のコンクリート基礎の上に40cmくらいの魚体が浮いております。見た感じヤマメに見えますがもしかしたらニジマスかもしれません。
いずれにしても素晴らしいファイトを見せてくれそうな魚体であることには違いないのですが・・・。
 釣れなくても、どうにか写真には納めたいと画策中でございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

沢入駅アジサイ祭

P716354615日、16日と沢入駅アジサイ祭がありました。
アジサイもちょうど見ごろで、綺麗に咲いております。
わたらせ渓谷鉄道 沢入駅にて
 近くにきたら是非よって見ていってくださいませ。




P7163510




ミニSLも走りました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

湯川散策。。

Kotaki1

先日湯川に妻と一緒に散策してまいりました。
妻の試験が近いのですが、しばらくどこにも行っていなかったので、気分転換がでら、湯滝pから小田代橋手前で左にグルっと回りました。
写真は小滝ですが、良い感じでした。平日ということもあり釣りの方はあまりいらっしゃいませんでしたが、何人かはすれ違いました。

続きを読む "湯川散策。。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

ニジマス!!!

P7093377 先日のテンカラスクールのでも釣行で、ゲスト講師の佐藤氏が釣った虹鱒を写真撮らせていただきました。
 シャロム生活一年のものででしょうか?、ヒレはしっかり回復しております。

続きを読む "ニジマス!!!"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

テンカラスクール

P7093428 9日、シャロムの森で、テンカラスクールが行なわれました。写真左から講師:堀江渓愚氏 主催者:倉上氏、ゲスト講師奥井氏、ゲスト講師:佐藤氏でした。
 キャスティングの多彩な方法もさることながら、アプローチしやすい方自ら動いていくことの大切さを説明しえらっしゃいました。
 その他にもポイントの責め方であったり、様々な状態を考えながら、堀江氏の前向きな姿勢で様々なことにチャレンジしていく姿勢には脱帽でございます。
 天気はあまりよくなかったのですが、(厳しい状態)大変楽しい一日でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

フタスジモンカゲロウ。

Futasuzi18

今年もフタスジモンカゲロウが飛び出しました。
感じとしては少し遅れ気味のような気がしますが、蜘蛛の巣にも数匹かかっているのが見受けられます。
 フタスジ君をバカバカ喰ってもらえるようになると良いのですが、どちらかというと、蟻さんのほうに興味が行っているかも知れません。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

たまには・・・。

Nenagusa いや~梅雨空が続きますね~。
たまには晴れている時の山の中の写真も良いかな。
(大桂(シャロムの木)に行く途中の滝です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

木挽き。

Kiyomi 先日、ぐんま森林と住まいのネットワーク のイベントで木挽きをしていただいた。
 木は、シャロムの森の中の、「山の神」の木が折れたものを使っていただいた。
 木挽きは林組の親方、林似一(はやし いいち)氏と東出朝陽(ひがしで あさひ)氏です。
 木を読む時の林氏の目は眼光鋭くほんとに真剣勝負です。様々な経験の中からこの中にある木目や、キズ、腐れ等を見透かしているかのようでした。厳しい眼差しの中にもいかにして原木の中から無駄なく良いものを取り出せるかを考えているようでした。
Metate  すごいと思うのは、目立ての時の繊細な指使い、その指の動きは、「美しい」と言う言葉が一番ふさわしいかもしれません。何の気負いも無く、一定のリズムで繰り返される、ヤスリさばきや、指先の微妙な感覚で磨げているかを瞬時に判断して、また次の刃へ。
 その一連の動作がえも言われず「美しい」。なんともいえない一時です。
 上の写真の真剣な顔をしてる時は近寄りがたいオーラがあって話し掛けづらいのですが。質問などすると気さくに答えていただけました。その時の顔は、やさしそうな笑顔です。
 またこのギャップもたまらない。

続きを読む "木挽き。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

右沢のヤマメを・・・。

P6182861 先日、あま党さんと一緒に釣行させていただいた。 食い気のあるイワナを譲っていただいて、上手い具合に出てくれた。
 写真はその時の1枚。光がほとんど無い雨模様の天気しょうがないので感度を上げて撮影。ザラツキが気になりますが、もっと気になるのは、とにかく「ヤセ」ています。
 ヤマメ、と競合しているのでどうしてもこんなイワナ君です。やはり、ヤマメを移動しなければ。
 現在エサ釣り方式でチャレンジしようかと思っています。RW氏によれば、エサ釣り方式だと「ジェルアント」が一番成績が良かったらしいので、ジェルアントを何本か巻きました。
何匹下に移動できるやら(^^;。。がんばらねば。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »