« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月26日 (土)

イワナ君壁紙

Kabegamiイワナ君の壁紙でございます。
川底に光がさすと、固体の色も変わってくるんでしょうね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

トンボ。。

P8024054 先日までトンボを食う個体が多く見られましたが、ここ数日の雨でかなり、川床が洗われたかんじです。
 どうなりますかね~。
懲りずにでてきて欲しいですね。
 是非、スペントに飛びつくイワナやヤマメを写真に納めたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

GOSOGOSOネット(初釣)

Netto1 GOSOGOSOネットで初釣いたしました。
初めてネットにおさまったのは、イワナ君でした。
しかし。撮ろうとしたら、写真のような感じで・・・。

とりあえず気を取り直して、サイトで狙いました。ふわっと影が浮いてきたのですが、その影が浮ききらないうちに、シッピング気味にライズあわせると、2年魚でしょうか、チビイワナくんでした。ネットを使わずそのままリリース。

またまた気を取り直して反転流にポトリ。

続きを読む "GOSOGOSOネット(初釣)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

台風が去って

_8184617 いや~、ほんとにすごい増水でしたね。短時間の雨としては記憶にないかもしれません。
3時間で100mm近い降雨量ですから・・・。
色々起きているようです。
 さてこの写真、ちょうど良い感じで木が引っかかっています。
場所は大堰堤から300mくらい上、M2の少し下「八郎落」のすぐ下流です。
ここは、変化に乏しい場所でしたから、少し変化がついて、良いポイントになるかもしれません。多少つりづらいかもしれませんが、大石脇に良い反転流ができていて、魚の影がちらちらしておりました。
 大物ポイントになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

南東の湿った風は大雨!!

シャロムの森では、南東の湿った風は大雨が降るパターンです 地蔵岳観測所がシャロムの森に一番近い観測所です。
この状態が長く続くと、下手な台風(これも台風の影響ですが)より降水量が上がります。今日と明日あたりが危ない予感。。
 地蔵だけ観測所の中の検索をクリックすると数字上の降水量が出てきます。また出てきた表の上にグラフのマークがありますので、それをクリックするとその月の総降水量と一時間ごとの降水量が出てきます。
 どのくらい振ったかで目安にして見てくださいませ。3日間の降水量が100mm~150mmくらいですとおおむね一週間くらいは水の心配もあまりせずにすみます。
150mm~180mmくらいがベストなのですが・・。こればかりはなんとも言えませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年8月15日 (火)

透過光

P8024074 夏、山の中で上を見ると、透過光が美しい。
ひと休みするさいは、ちょっと上を見てみると癒されるかも。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

夢破れて・・・カバーなし

_8134520 車に乗りながら、いつものようにM3あたりを通り過ぎた。
ワカサレの一歩手前で違和感を感じた。
戻ってみると以前カバーとして15m位の所から半日かけて作ったカバーが切られている。!!詳しくは→ 水辺の管理 。。
なんてこと!!!
犯人?は・・・。管理人さんでございました。

何年後かにガイドでカバーに座りながら、お客さんと一緒にお昼でも食べたいな~等と思っていたのでショックは大きかったです。(TT)。。

「作ったカバーだとは思わなかった。」との事で致しかたなし。。とほほ。。。
 毎年大きくなると面白いと思って、邪魔にならない枝葉は切らないでおいたのがまずかったのかもしれない。一年ごとに大きくなったら面白いだろうな等と思いながらやっていました。 ゆっくりと長く楽しむ。。そんなことを夢見てたのですが・・・。
 観察してみると上側の木の下は既に10~30cm位ほれていました、根付き倒木の威力「恐るべし」です。
 までも、管理人さんの目もだませるほど自然な状態だったと言うことで・・・。
とほほ・・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

ニジマスフェチ?

皆さんは、魚のどんな姿に目をうばわれますか。
シャロムのニジマス君たちも最近かなりひきつけるものがあります。
綺麗になったニジマス君のために、色んなショットを楽しんで見ました。
皆さんはどんなのが御好みですか?(笑)Nizi5_2

Saigonizi

Nizi4

Nizi3
Nizi2_1

Niziiti1_2

画面をクリックすると大きくなります。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

本谷渓流特設釣場(毛鉤専用区間)暫定オープン!おめでとうございます。私たちもがんばらなければ。

本谷渓流特設釣場(毛鉤専用区間)暫定オープン!おめでとうございます。
今年は一ヶ月ちょっとですから楽しめる方も少ないかもしれませんが、私自身は、こういった釣り場ができるのはいろんな方の努力の賜物であると第三者でありますが思います。

 シャロムの森との違いは?と聞かれるとシャロムが単なる管理釣り場であれば、それほど違いは無いのかもしれません。(本谷渓流の方が川の規模は大きいそうです。流程はシャロムの方が長いようです)
 なぜ「川」でなく「森」なのか??
「先祖代々」云々というとあまり好きではないので、正確を記せば、「多くの人がこの森を育て続けている。」ということ。少なくとも100年間はこの森は、人の手によって育てられ続けていることは事実です。
 私自身は、「このことを、伝え続けていかなければ・・・。」と思っています。(生活し続けられるかは別にして)

 私としては、

 「人の手による美しい山(森)が育てられるように。(←まだまだ足りない所はありますが) 人の手によって美しい魚が育てられることもまた素晴らしいことだ」

と思います。

 VIVA!上野村漁協!。。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年8月 7日 (月)

サイト!!!

Tonnboyamame夏本番、サイトして下さいといわんばかりの天気か続いております。少し渇水気味ですが、大渇水とまではいっていません。
台風も近づいているようですので、降り過ぎない程度に降ってほしい所です。
 あちらこちらで、ライズをしておりますが、ヤマメがトンボに手を出しております。(口か?)
 こんなの見てしまうと、やはり挑戦したくなるのですが・・・。
少なくとも目を楽しませてくれることだけは請け合いです。(左沢堰堤、常駐スタッフ。)

ビデオ撮影 ちょうど去年の今ごろでしたね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

イワナ壁紙

Iwna9二又左の砂防堰堤脇にいたイワナで~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

製材と桟済み

Seizai 「大きな鋸で木の中実を取り出してい。」製材はそんな仕事だ。市の施設で「わらべ工房」というのがある。そこで挽いてもらっている。
 木を乾燥するにはある程度製材するか、もしくは、背割りを入れて皮をむくかの二つの方法がある。
 スギは面白い木で、木の中に水を溜め込もうとする能力に秀でている。その機能を果たしているのが、シラタとアカミの境にある白線体といわれる組織だ。これはロウソクの蝋をイメージしていただくとわかりやすい。
水を通しにくい仕組みなので当然人工乾燥であるとその含水率のちがいから、木の割れやねじれが多くなる。
Sanzumiこの写真は、桟積みを終えたところ。このように天然乾燥で置いておくとゆっくり水分が抜けていくぶん、あまりヒビや曲がりが大きくなりずらい。また色あいも美しく仕上がるのが特徴。
 ここまで自分で面倒見る人は少ないけれど、良いものを出したいと思えば手間と時間を惜しまずかけるのも必要なことだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

夏本番ということは。

P7273710 梅雨明けして、まだ少し梅雨のなごりがありますが、いよいよ夏本番です。
 夏本番ということは、もちろん「サイトな季節」ということですね。
 日がぱっと出れば、朝から魚も浮いてきますから。
魚を見つけながら一発勝負のサイトにかけるのも面白いかもしれません。

カテゴリー 「シャロムの森」  (ご参考までに)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »