« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月25日 (月)

金谷ホテル「BAR」の暖炉

Fll 今年の秋、金谷ホテルに泊まった。なけなしのお金を・・・。
本との所を言うと、アニバーサリープランで破格で泊まって参りました。
 その中でも暖炉のあるバーがとても素適でした。
設計はフランク・ロイド・ライトとも言われています。縁があっていくつかのライトの暖炉をみていましたが。狭いこの空間にあれだけ大きな暖炉がきっちりと絶妙のバランスで配置されていることには驚かされました。(最近改装されたものらしいですが)バーであるから許されることなのかもしれませんが、御酒を禁止されている私でもつい一杯飲みながら静かな時間を堪能したくなるそんな所でした。
 蛇足ですが、暖炉の横にある消火栓もなかなか良い感じです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年12月21日 (木)

『Fly Fishing Baton 2』

『Fly Fishing Baton 2』 フライフィッシングに関する質問をバトンとして渡された(トラックバックされた) ブロガーがその質問に答え、次のブロガーを選び出し、バトンを渡すというルール。 batonには「指揮棒」という意味もあり、ブログ上の繋がりを終わらせる こともその指揮者の手にゆだねられている。 また、batonを受け取り、その質問に答えるエントリーをしたらbatonを渡した ブロガーのエントリーにトラックバックを返す。 今回のFly Fishing Baton 2の質問は・・・
Q1.今シーズンの思い出深い釣行は?
Q2.最近のお気に入りの道具は?
Q3.自分をひとことで言うなら、どんな人?
Q4.これから先、行ってみたい場所、釣ってみたい魚種は?
Q5.一人でも複数でもイイので、Batonを渡すブロガーを紹介してください。

はねたろうさんからきちゃいましたね~。(ぼろぼろだったので遅くなったのは許してくださいまし)

Q1 やはりお客さんと過ごす一時でしょうか。30分とか1時間くらいが多いですが、一緒に釣行?(冷やかし??)して御話するのは楽しいですね。少し案内した後に、「あの後釣れました」と言われるとホッとします。
Q2 リリースネットです。大事に末永く使いたいと思います。
Q3 なかなか自分自身のことはわかりません。 時々「あほだな~」とは思いますが。(笑)
Q4 もしかなうなら、100年後のシャロムの森に行ってみたい。山や川は元気だろうか・・・。
Q5 ・・・・なかなかお客様にというわけにもいきそうもありませんし??
 STOPしま~す。(^^)/””

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

山椒づくし

_c206096 今年も後残りわずかとなりましたが、秋収穫した山椒の実から新しい山椒のラインナップが出来上がりました。
左から
「粉山椒」
「ミル付山椒の果皮」
「詰め替え用の果皮」
となっています。

続きを読む "山椒づくし"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

ヘルメットさま・様

_c156090 9月10月と調子が悪くようやく11月中旬から調子の良い時は、リハビリに山に行くようにしている。
 ヘルメットで命が助かったと言えば、顔面に石を強打した時ヘルメットと眼鏡で致命傷には至らなかった。
 今やっている仕事は、アカマツの中の除間伐という仕事アカマツの中は様々な種類の広葉樹が生える、その中でも素性の良いカエデ類(モミジ)や栗、サクラ、カバ類も多少は残しつつアカマツが元気になるように、蔓や他の広葉樹を間引きしてやる、アカマツ林の場合ほかの木の侵入に弱くある程度の風通しと被圧を防ぐ為にどうしても必要な施業だ。
 さて話は戻るが、不健康なアカマツ林では、蔓や被圧で枯れてしまっているものが多くある。そんな中で仕事をしていると時々蔓を切った瞬間枯れていた幹が頭上から降ってきたり、蔓ごと「鐘ね撞き堂」の鐘よろしく突き飛ばされることもある。
 たいした時間もやっていないのですが、集中力の無さも手伝ってか、二箇所ほどヘルメットを割ってしまった。(アカマツの幹が落下してきたようだ。)
 でも被っていなかったら、確実に自分の頭は「ザクロ」状態だったこと考えれば、ヘルメットさま・様といった所です。
 林業の現場は・・・・・・。

 蛇足ですが、最近、林業の労災掛け金が非常に高く経営を圧迫していることから約10%から5.6%に下げられた、舌の乾かぬうちから去年(立ったと思う)6%まで再び上昇。やはり就業中の事故は多いのかもしれない。
 怪我には十分気おつけたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

ニジマスの影

Monst1大堰堤の下に鯉がいるらしい。
その正体はニジマスなのですが・・・。確かに大きい。40cmオバーであることは間違いないのですがが・・・。
 ニジマスだからといって侮ってはいけない。かなり警戒心も強く、フライを見切る力も相当なものだ。
 写真を撮るのも一苦労でこの写真もまだまともな方。
是非浅瀬に「プカ~」と浮いている所を写真におさめたいものです。

Nizi1_1ニジマスのレギュラーサイズはこんな感じですが、レッドバンドも美しく今年の初めに入れた個体のヒレはだいぶ回復しています。30cmオーバーのニジマスはヒレもピンシャンです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »