« ニジマスと一年の時 | トップページ | イワナの横顔 »

2007年6月 9日 (土)

山を通り過ぎる人々。

 今まで多くの若いアルバイトの人たちやボランティアの人たちが山に関わってきました。中には怪我をした子もいました。また多くの山に携る「山の親父達」がいました。
 今の山は、多くの人の血と汗の上に成り立ている。ということはできるかもしれません。
そんな多くの人の力が日本の山をハゲヤマにさせなかったのだと思います。
 詳細についてその経緯は、後日詳しく掲載できたらと思っています。
追悼
 松岡農林水産大臣、公団OBの山崎氏の自殺。社会的責任として責められる部分は多々あるかもしれないし、その責任の所在を否定するつもりもありません。
しかしながら一林業に携るものとして御二方のご冥福をお祈りいたします。

|

« ニジマスと一年の時 | トップページ | イワナの横顔 »

コメント

あま党さんへ
 クマの被害です。鹿が増えるとクマが増えます。クマを守ろうと言う人達(全くそういう人が、いなくなるのも問題ですが)もいるようですが、それ程クマは可愛い存在ではありません。雑食性でイメージとしてはハイエナに近いかもしれません。
 家にいるとどうもクサクサしていけません。腰と首をやっていますので復帰はまだ当分先になるかも。
 どんどん上手くなって色んな人の気持ちが体で感じられるようになるといいですね。

投稿: Ban-Nin | 2007年6月 9日 (土) 15時54分

スギかヒノキの根元から6~70センチほど皮がきれいにむけているのはなんでですか?

ちゃんと療養してますか?早く治さないとセンムに追い抜かれますゾ!最近タイイングにも熱がはいってるみたいだし。

投稿: あま党 | 2007年6月 9日 (土) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山を通り過ぎる人々。:

« ニジマスと一年の時 | トップページ | イワナの横顔 »