« 梅雨ですね~。。 | トップページ | 休暇村 日光湯元 »

2008年6月24日 (火)

森林の手 人の手~森林を造った手と語る~

 6月29日の日に聞き役で東京に行ってきます。
御時間のある方は是非いらしてくださいませ。多分当日でも大丈夫だと思います。

------------------------------------------------------------------------
「森林(ヤマ)の手 人の手               ~森林(ヤマ)を造った手と語る~」 森林(ヤマ)を育てた手がある。 手は、技を持っていた。 かじかむ手をさすり、息を吹きかける。 その手は森林(ヤマ)を見ていた。 ――365日。――50年。 森林(ヤマ)を見つめてきた手には、今何が映るのだろう。 森林(ヤマ)を見つめてきたやまびとたちの「手」が語る、 西多摩林業の今と昔を伝えたい。
-------------------------------------------------------------------------

西多摩地域では、江戸時代から林業が盛んに行われてきました。 今もなお、東京の林業地として、木材生産が行われています。 そこには、造林・伐採・搬出などの技を持つ方々の「手」があります。 昔と今の林業の違いや、山仕事の移り変わりについてお話を伺いながら、その「手」だけが覚えている山の記憶を感じてみたいと思います。 第1回「森を育てる手」 ☆講師:野村 康夫さん  昭和4年 檜原村生まれ。  田中林業にて、10代の頃より現在に至るまで、造林を一筋に行う。  林業体験イベントの講師なども行っており、若い人たちにもファンが多い。  森の聞き書き甲子園では、「ズマ・マキゾリの名人」として認定された。
≪日時≫ 6/29(日)  開 場 12:30  
上映会他 13:00~15:00
懇親会 15:30~17:00 ≪会場≫ 五日市会館ホール  東京都あきる野市五日市412  (JR五日市線「武蔵五日市」駅下車、徒歩10分)
≪内容≫  ◆お話「~森を育てた50年~」    聞き手:小森谷孝志(群馬県林業家)  ◆

山仕事をされていた方々を囲んで懇親会
≪参加費≫ 無料(懇親会参加費:500円)
≪定員≫ 200名 ≪締切≫ 6/22(日)
※定員に空きがある場合は、当日参加も受け付けます。
≪主催≫むかしごと研究会 ≪後援≫檜原村、東京都農林水産振興財団

|

« 梅雨ですね~。。 | トップページ | 休暇村 日光湯元 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森林の手 人の手~森林を造った手と語る~:

« 梅雨ですね~。。 | トップページ | 休暇村 日光湯元 »