2006年4月 6日 (木)

川虫

Hirata1石をひっくり返してみると色んな川虫(ニンフ)がへばりついている。カディス、カワゲラ、カゲロウ等。とてもこんなサイズのニンフは巻けませんと言いたくなるものからグロテスクなものまで様々です。写真はヒラタカゲロウ(クリンガー)の一種ではないかと思います。この他にもスイマー(フタオカゲロウORチラカゲロウ)やクロウラー(マダラカゲロウ等)も見受けられます。でも数が一番多いのはミドリカワゲラのニンフかもしれません。
 休憩ついでに、石をひっくり返してみるのも面白いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

シャロム解禁

_4010188 いよいよシャロムの森も解禁いたしました。
このブログにも書き込んでくださる、SEGE愛好会さんとご友人のIさんがきてくれました。
 昨日、おとといは非常に寒く、今日の朝も氷がはっている状態でした。おとといからの乾燥もあり、気温が上がっている割には、カワゲラ等のハッチは少なかったのではないかと思います。(+減水気味)
 でもそこは「どん底」のシャロムの体験者でもある方ですので、しっかりと今年初の魚をGETしたそうです。(いや~ほんとに良かった)
 まだ時々冬の顔を見せるシャロムではありますが、マエグロヒメフタオカゲロウがハッチする頃には、そこかしこで、魅惑のライズを見せてくれることを期待しています。
 ほんとに二人とも「出家」せずに帰還されて良かった。「ほっ」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

ビギナーズラック

iwanasyan

エサ釣り暦は長いのですが、FF暦はようやく2年くらいです。最初の実釣は、思いっきり「ボウズ」(出家とも言うらしい。)。3日くらいこの調子でした。  その後、投げるのもぼろぼろでしたから、練習のつもりで遠投?していました。この時のフライは「グリフィスナット」初心者でも巻ける簡単なフライ。
 なんとなく、そうほんとに「なんとなく」フライが流れてくるのを見ていると、いきなりフライが消えたのです。「恐る恐る」ラインを跳ね上げると、ずっしりとした感触、「根掛かり?」と思って引っ張ってみると、ずっしりとした感触そのままに、右に行ったり左に行ったり、その後は良く憶えていませんが、とりあえずその巨大な物体をネットですくいました。  
 「1尺2寸。」ネットから尾鰭が垂れています。大きなオスのイワナでした。まさにビギナーズラック。。  
 それ以来尺ものは釣っていませんので、いかに運が良かったか。あの時デジカメを持っていれば、と思わなくもありませんが、私の記憶の中には「巨大な物体」としてしっかりと記憶されています。
今年辺りは、大物の予感が・・・。
皆さんの釣果が上がることを期待して。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

お試しフライ。完成1

_2019295 昨日のフライ完成です。 ジェルタイプは、ヘッドセメントを塗ってから乾くまで時間がかかるのが難点ですね。スレッドは赤にしてみました。なんとなく黒には赤が似合う気がします。(好き嫌いの問題ですが。)
 でもアップにすると雑さが目立ちます。(^^;。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月31日 (火)

お試しフライ。作成中

1ニンフ作っている時飽きたので、なんかないかな~と思い。こんなの作ってみました。作成中ですが、後は足をつければ完成。
作り方はジェルアントと一緒です。テールをつけてなんとなく形を作って車の筆つきペイントで黒く塗り、その後をヘッドセメントでコーディング。
 いくつかパターンあると思いますが。パートリッジタイプにするか足をつけるだけにするか。ダウンウィングを浮かない程度につけてクロカワゲラパターンもありかな?などと思っています。
 (露出+補正し忘れました。バックは灰色の紙でなく、白です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

冬の夜に2.(モウソウ)

2冬の夜は寒くて長い、この時期に巻くフライは、早春に実用的なミッジサイズが多いかもしれない。ついつい小さものを巻いていると、フックサイズ#12の針をおもむろに出して、スタンダードパターン(アダムス、ライトケイヒル等)を思わず巻いてしまう。(ただ単に飽きてるだけカモ?(^^;。。)
V字型に立ち上がったウイングを前から眺めて思わずニタ~としていると、妻には「怪し~い!」とつっこまれる。。
 でもこんな風に、フライをまじまじと眺めていると、つい目に浮かんでしまうのは、美しいライズリングを水面に描いている渓魚達の姿であることは間違いない。
 山は、氷と雪に閉ざされているけれど、私の頭の中だけは既に春になっている。。
(^^;””””。。
「冬の夜の妄想より。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

冬の夜に1。(マキマキ。。)

zukan今殆どの渓流は禁漁になっています。、そういうときに限って無性に、釣りのことを考えてしまう。特にFFの場合、毛鉤を眺めながら、「これを、ナチュラルドリフトさせて流芯からガバッ!!!」などとついつい「妄想」してしまうのは私だけだろうか。(いやそんなはずは、決して・・・。(^^;。。)
 そんなときに更なる「妄想」を掻き立ててくれること間違い無しの一本((DVD)ではないでしょうか。
 このビデオの特徴は、7つの代表的なパターン約50種類のフライが紹介されています。ここまで綺麗に巻かなくとも釣れるとは思いますが、どれもこれも美しい仕上がりのフライです。私の好きなパターンを子の中で1つあげろと言われれば、やはり、「ハードジェルアント」をご推薦いたします。シルエットおもさることながら、その黒光りする妖艶なボディーは圧巻です。
シャロムの森でも夏の増水時にはその威力をいかんなく発揮してくれることでしょう。
 またそれぞれのパターンの最後の部分には、実釣シーンが入っていますので、皆さんの更なる妄想を助長してくださること請け合いでございます。
 それでは皆様「良い夢」を。。。

「佐藤成史 フライ図鑑 ドライフライ50」
制作・著作 ビデオメッセージ

| | コメント (4) | トラックバック (0)