渓流を挟んで、向こう岸は光が当たっていますが、こちら側は日が当たりません。
日のあたらない山(北向き)を、ここの地方では「オロ山」と言います。