「湯川の鱒達は、禁漁を知っているらしい。いやそうに違いない」と噂されるとおり、リラックスした、シンプルなライズを繰り返しておりました。